2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

育毛コースは感電するのか?

■感電したぞ!■

頭皮への、あまりの衝撃に一瞬何が起こったのか解らないでいると、
後ろで見ていたY君が「マスターが感電したぁ!!」って叫びました。(しかも喜びながら・・)

そうなのです。私が嫁さんにバイタライザーの説明を詳しくしていなかったので、電流の強さが最高のレベルに設定されていたのです。

説明書やPOLAの説明によると、はじめは「レベル2~3位で試して、頭皮に少し刺激があるかなぁ?」ってところでしばらく続けて徐々にレベルを上げるようにして下さい。
と言う事らしいのです。

で、「失敗は成功のもと」と嫁さんは自分で納得し、レベルを下げて再び私の頭に挑戦したのでした。

今度は、レベルが丁度良いので、頭皮に「ピリッ、ピリッ、」とまるで肩のこった時に使う低周波治療機のような心地よさです。(う~ん、このまま寝ちゃいそう)

精製水を頭皮に吹き付けてバイタライザーで電流を流し、浮き出た毛穴の汚れをコットンで取り、という工程を2~3回繰り返します。

この時点でかなり私は夢心地になっています。(あ~、気持ちいいな~)

■浸透してるぞ、育毛剤■

さて、精製水できれいになった毛穴に今度は育毛剤を入れていきます。

入れて行くって言ったって、ただ単に育毛剤を塗布してその後でバイタライザー(ステック)で、頭皮をなぞるだけなんですけどね。

でも、これが想像以上に刺激的なのです。

何と表現して良いのか・・・とにかく育毛剤が頭皮に浸透している感じがガンガン伝わって来るのです。

これには私もびっくりしてしまいました。

普段、シャンプーした後に何気なく使っていた育毛剤が、この時はまったく違うもののように思えたのです。
何か効いてる!って感じです、ホント。

2~3回、繰り返した後、技術は終了したわけですが、頭皮への余韻は10~15分ほど続いていました。

「いゃ~、とにかく気持ち良かったよ。途中で寝ちゃいそうだったんだからぁ」って話していたらY君も「今度はオレも絶対にやってもらおうっと!」って言ってました。


■育毛剤のポイント■

育毛剤を使う時にポイントとなるのが、「育毛剤を浸透させる」と言う事です。

毛穴が詰まっている状態で、いくらガンガン育毛剤を使っても浸透率は悪く、ただ頭皮の表面を流れてしまうだけなので、とても効果は望めません。

育毛剤の箱などには「朝晩2回程」とか書いてありますが、私達会のメンバーは全員育毛剤を使うときは、まずシャンプーをしてから頭皮をきれいにした後でなければ意味が無いと言い合っています。

だってせっかく買った育毛剤だし、どうせ使うのだったら効果的な使い方をしたいですよね。

スポンサーサイト

コメント

参考に

いつも楽しく読ませて頂いております。参考になります。
次回も楽しみにしてます。

good!!

いつも楽しく拝見させて頂いています。参考になります。次回の更新も楽しみにしてます。応援ポチして帰ります。

開発言語ポータル

言語の検索サイト。言語学、言語障害、C言語、プログラミング言語、言語バーなど言語に関する各種情報をお届けしています。 http://fathomless.stuartmembery.com/

雇用保険、失業保険ナビ

雇用保険の検索サイト。料率、加入条件、パート、雇用保険被保険者証、雇用保険料など雇用保険に関する各種情報をお届けしています。 http://arajin.stuartmembery.com/

腫瘍マーカーでダイエットに挑む

特別用途食品(FoodsforSpecialDietaryUse)とは、健康増進法(旧:栄養改善法)に基づき、厚生労働省が特別な用途に使用することを認定した食品です http://dartboard3.thriftystmartin.com/

色彩検定

色彩検定とは、色に関する幅広い知識・技能を持ち、理論の裏付けのある色彩の活用ができる能力を問う検定試験 http://gazar2.stepuptechnologies.com/

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ikumou119.blog12.fc2.com/tb.php/12-2cdb01e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

豆塚 弘義

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。